【PR】本記事のリンクには広告が含まれています。

一般媒介と専任媒介の違いは?どちらがおすすめ?最も重要なのは〇〇選び

本記事では不動産売却における「一般媒介」と「専任媒介」の違いについて解説していきます。

さらに、どちらの契約形態に関わらず「はじめに注意すべき超重要ポイント」がありますので、こちらもあわせてチェックしてみてください。

 

一般媒介と専任媒介、それぞれの特徴

一般媒介とは?

一般媒介とは、複数の不動産会社に物件の売却を依頼できる契約形態です。

これにより、多くの買い手候補を見つけるチャンスが広がります。

特に、時間に余裕がある場合や、なるべく高値で売却したい場合など自分で積極的に動きたいと考えている人には最適な選択肢と言えるでしょう。

専任媒介とは?

専任媒介は、一つの不動産会社だけに売却を依頼する契約形態です。

専門的なサービスを受けられる反面、買い手の選択肢が限られる場合があります。

専門的なサービスが受けられるため、不動産売却が初めての人や、手間をかけずに売却を進めたい人におすすめです。

 

一般媒介と専任媒介のメリットとデメリットを徹底比較

一般媒介のメリット

一般媒介の最大のメリットは、多くの不動産会社を活用できることです。

これにより、多角的に買い手を探せます。また、競争原理が働くため、より高い価格で売却できる可能性もあります。

一般媒介のデメリット

一方で、多くの会社に依頼するため、管理が煩雑になる可能性があります。

また、各不動産会社がどれだけ努力してくれるかは不明確であり、結果として手間がかかる場合もあります。

 

専任媒介のメリット

専任媒介のメリットは、専門的なサービスとアドバイスが受けられることです。

一つの会社が責任を持って売却活動を行うため、質の高いサービスが期待できます。

専任媒介のデメリット

しかし、一社に依存するため、その会社のネットワーク内でしか買い手を探せない点がデメリットです。

また、専任媒介契約の期間中は他の会社に変更することができないため、柔軟性に欠ける場合があります。

 

一般媒介がおすすめなケース

こんな人に一般媒介はおすすめ

一般媒介は、時間に余裕があり、自分で多くの不動産会社とコミュニケーションを取れる人におすすめです。

時間に余裕がある場合や、なるべく高値で売却したい場合に一般媒介が有利となります。

複数の買い手から選びたい人に

一般媒介は、多くの買い手候補を見つけることができるため、選択肢が広がります。

これにより、最も条件に合った買い手と取引を行うことが可能です。

特に、高額な不動産を売却する際には、多くの選択肢から選べることが有利となるでしょう。

 

一般媒介、専任媒介にかかわらず重要なのは..

実は、一般媒介、専任媒介にかかわらず重要なことがあります。

それは不動産会社選びです。

最近では悪質な不動産会社によるトラブルにみまわれるケースも少なくありません。

不動産会社選びの失敗ケース

 ・専任媒介にしたけど、積極的に売却に動いてくれない。

 ・あえて買い手をつけずに、不動産屋自身が安く買い取ることを目的とした悪質なケースもある。

 ・専任媒介を解除するとき、高額な違約金を請求された。

 一般媒介、専任媒介に関わらず
まずは優良な不動産会社選びが重要です。

 

全国から選べる「不動産の一括査定サービス」がおすすめ

不動産の一括査定サイトサービスは、お持ちの不動産の情報をネットで入力するだけで査定価格がわかるサービスです。

国内の大手不動産や地元密着型の不動産会社など

全国の不動産会社から、簡単に相見積もりをとれるのが最大のメリット。

不動産会社によって100万円以上も差がつくこともあるぞ

ユーザーは見積結果をみてから、取引をおこなう企業を選ぶことができます。

もちろん見積をみるだけで終わってもOKじゃ。

 

一括査定サイトの鉄板は「イエウール」

一括査定サイトは次々と新しいサービスが乱立されていますが、

サービスによっては「査定後の営業がしつこい」「登録企業の質がわるい・企業数が少ない」などデメリットが大きいものがあるので要注意です。

 

はじめて利用であれば「月間ユーザー2.8万人以上」国内人気No1の「イエウール」がおすすめです。

不動産一括査定なら「イエウール」

 

イエウールがおすすめな理由

日本中で厳選した優良企業から、ネットで簡単に査定額を出してもらえるのが最大のメリットじゃ。
イエウールは「悪徳業者」や「しつこい営業」がない。安心して試せるのが人気理由。

 

一括査定サービスを利用する多面的なメリット

時間と労力の節約

一括査定サービスの最も明確なメリットは、複数の不動産会社から一度に査定額を得られる点です。この一点によって、時間と労力を大幅に節約することができます。通常、一社ずつ査定を依頼する場合、それぞれの会社とのコミュニケーションやスケジューリングに多くの時間がかかります。しかし、一括査定サービスを利用することで、その手間が大幅に削減されます。

競争原理による高査定額

複数の会社が競争することで、一般的にはより高い査定額が期待できます。これは、各不動産会社が最高のサービスを提供しようと努力するからです。その結果、売主は最も高い査定額を出してくれる会社を選ぶことができます。

市場相場の把握

一括査定サービスを通じて市場相場を把握することができます。この情報は、個々の不動産会社だけでは得られない非常に貴重なものです。市場相場を知ることで、適切な売却価格を設定するだけでなく、不当な低価格での売却を防ぐことも可能になります。

多様な不動産会社との接触

さらに、一括査定サービスを利用することで、多くの不動産会社と接触する機会が増えます。これにより、各会社の特色やサービス内容、対応の良さなどを比較検討することができます。その結果、自分のニーズに最も適した不動産会社を選ぶ確率が高まります。

 

大手と地域密着型不動産業者の選択肢

一括査定で広がる選択肢

一括査定サービスの利用によって、大手の不動産業者と地域密着型の不動産業者、両方から査定額を得ることができます。これは非常に大きなメリットであり、それぞれの業者が持つ独自の強みを最大限に活用するチャンスを提供してくれます。

大手不動産業者のメリット

大手不動産業者は、その規模とブランド力からくる多くのメリットがあります。広告力が強く、多くの買い手とのネットワークを持っているため、高額での売却が期待できます。また、全国規模でのサービス提供が可能なため、地域を問わず多くのオプションを提供できます。

地域密着型不動産業者のメリット

一方で、地域密着型の不動産業者は、その地域の市場に精通しているという強みがあります。地域の特性、地価の動き、近隣の環境など、細かい情報に基づいて査定が行われるため、地域にマッチした戦略で売却を進めることができます。

バランスの取り方

一括査定サービスを利用することで、これら大手と地域密着型の業者を比較することができます。例えば、大手業者からは高額な査定額を提示されたが、地域密着型業者からは地域の特性を活かした販売戦略を提案された場合、どちらのアプローチが自分の物件に適しているかを総合的に判断することができます。

最適な業者の選定

物件や売却の状況、目的によって最適な業者は異なる場合があります。一括査定サービスを利用することで、多角的に業者を比較し、最も自分のニーズに合った業者を選ぶことが可能です。これは、一括査定サービスの最大のメリットの一つと言えるでしょう。

 

一括見積後の不動産会社の選び方の詳細なポイント

高い査定額を出してくれた会社

高い査定額は高い売却価格につながる可能性が高いですが、それだけで会社を選ぶわけではありません。高い査定額を出してくれた会社が、実際に高い価格で売却できる保証はありません。そのため、他の要素も考慮する必要があります。

サービス内容

売却後のアフターフォロー、必要な書類作成や手続きのサポートなど、サービス内容は売却プロセス全体で非常に重要です。例えば、売却後に発生する税金の計算や、新居への引っ越しのサポートなども考慮に入れると良いでしょう。

信頼性と実績

長い歴史や多くの成功事例がある会社は、その分信頼性が高いと言えます。特に、不動産売却は大きな金額が動くため、信頼性は非常に重要です。そのため、過去のクライアントのレビューや評価をチェックすることも有用です。

対応の良さ

細かい点まで丁寧に対応してくれる会社を選ぶことが望ましいです。不動産売却は、多くの人にとって生涯で一、二度あるかないかの大きなイベントです。そのため、対応の良さは非常に価値のある要素となります。

媒介契約までの詳細な流れ

面談の重要性

一括査定サービスを利用した後、次に進むステップは媒介契約の締結です。この契約を結ぶ前には、選んだ不動産会社との面談が必要です。この面談で、売却の目的や希望する条件、さらには不動産会社が提案する売却戦略などを詳しく話し合います。

契約内容の確認

面談が終わったら、次は媒介契約書を締結します。この契約書には、売却価格や仲介手数料、契約期間など、売却に関する重要な項目が記載されています。契約書をしっかりと読み、不明点は不動産会社に確認を取ることが重要です。

売却活動の開始

契約が終わったら、いよいよ売却活動が始まります。不動産会社は、契約に基づいて様々な売却活動を展開します。これには、物件の広告掲載、オープンハウスの開催、買い手との交渉などが含まれます。この段階では、売主としては不動産会社と密に連絡を取り合い、進捗状況を確認することが重要です。

進捗の確認と調整

売却活動が始まった後も、定期的に不動産会社とのミーティングを設け、進捗状況を確認することが重要です。特に、市場状況に応じて売却戦略を柔軟に調整する必要がある場合もあります。そのため、不動産会社とのコミュニケーションを密に保つことが、成功への鍵となります。

 

 

 

まとめ

不動産の売却方法には一般媒介と専任媒介があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

一般媒介は選択肢が広がる反面、管理が煩雑になる可能性があります。

専任媒介は専門的なサービスが受けられる反面、柔軟性に欠ける場合があり、どちらを選ぶかは、自分のニーズと状況によります

一括査定サービスはどちらの契約形態でも有用なツールですので、効率よく不動産売却を進めたい方は、ぜひ一度 イエウール を試してみてください。

 

60秒入力
\サクッとおうち査定してみる/

イエウール をみる

Copyright© ネットの相談室 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.